必見!40歳からの転職スタイルまとめ

*

いくつであっても新入社員という意識を持つ

   

いくつであっても新入社員という意識を持つ

 40歳の中途採用の場合、配属とともにプレイングマネジャーとして、役職がつくケースもあります。ですが、中途採用者を迎える既存社員にとっては、必ずしも好意を持って受け入れられる事態とは限りません。

 また、これまでと同じ業界や職種の仕事であっても、職場が変われば、職域も職責もルールもシステムも変わります。まずは、入社した会社のスタイルに慣れ、周囲に負担をかけずに仕事ができる環境を整えることが重要です。

 そのためにも、わからないことを質問して教えてもらえる人間関係を築くことがポイントになりますので、あくまでも会社に慣れるまでは新入社員であるという意識で、謙虚な姿勢でコミュニケーションをはかるようにしましょう。

入社3カ月は観察者に徹する

 40歳の中途採用者の場合、即戦力として実績をあげることを期待されています。ですが、年齢的にも職責を考えても、個人で実績をあげるだけでなく、組織で実績をあげることも求められます。

 そうした組織的な仕事に対して、社員の誰に適性があり、最大のパフォーマンスが期待できるのかを、冷静に見極めることが大事です。入社後3カ月は、社員の働きぶりを観察し、必要な人材と良好な人間関係を築く努力をしましょう。

 - 5.退社と入社

  関連記事

入社後に襲いかかるであろうあらゆる事に関する注意点

転職先が期待外れだったら  転職後に注意したいことはいろいろとあるでしょう。特に …

今の会社を辞めないで転職活動をするのがオススメ!

 ①思い切って今の会社を辞めて時間ができてから再就職をする人と、②在職中のままで …

入社前に確認したいチェックポイント

労働条件をしっかり確認する  40歳が応募企業から内定をもらったら、まず労働条件 …

退社にまつわる手続き

退社の際の事務手続きの基本  退社の際の事務手続きは、書類を受け取って、会社に返 …