必見!40歳からの転職スタイルまとめ

*

入社後に襲いかかるであろうあらゆる事に関する注意点

   

転職先が期待外れだったら

 転職後に注意したいことはいろいろとあるでしょう。特に心しておきたいのは、予期せぬ出来事と遭遇した時の注意点です。

 もし入社後、「期待していたような会社ではない」と思ってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。深くは考えないことです。

 40歳を既に超えている人の場合、転職後にすぐまた転職を考えるのはとても危険。よほどのキャリアがあり市場にニーズがあれば次なる転職先もすぐに見つかるかもしれませんが、多くの40歳オーバーの人はそうはいかないでしょう。

 だったら、深く考えないこと。その会社でしばらくは働き続けるしかありません。再度転職に挑戦したいなら、その会社で何か武器になるものを身につけてからにするべきです。

苦手な人がいた時の注意点

 転職先の企業には大きな不満はないけれど、もしその会社に苦手な人がいた時にはどうしたらいいのでしょうか。

 距離を保っておくことです。ただ、あからさまではいけません。話しかけられればそれに応じるし、他の苦手ではない人がいるのであれば、一緒に食事などにも行くべきでしょう。苦手な人や嫌いな人とも付き合っていかなければいけないのが社会人というものですから、そこから逃げていてはいけないのです。

 次第にどう対応すればいいのかもわかってくると思うので、それまではただただ我慢するのみ。無理に距離を離そうとするのではなく、一定の距離を保つ、これがこのケースでの注意点です。

その他マイナス要素が見つかったら

 その他にももしかしたらマイナス要素がいくつも出てくるかもしれません。そんな時には、プラスに変換するよう努力してみてください。

 通勤時間が長いというマイナス要素も、その間に本が読める、というプラス要素に変換したり、社外での付き合いの多い会社だから面倒であるというマイナス要素も、コミュニケーション能力を高め仕事をやりやすくするために必要な仕事の一部である、というプラス要素に変換したり、ものは考えようで案外どうにでもなるもの。

 - 5.退社と入社

  関連記事

今の会社を辞めないで転職活動をするのがオススメ!

 ①思い切って今の会社を辞めて時間ができてから再就職をする人と、②在職中のままで …

入社前に確認したいチェックポイント

労働条件をしっかり確認する  40歳が応募企業から内定をもらったら、まず労働条件 …

退社にまつわる手続き

退社の際の事務手続きの基本  退社の際の事務手続きは、書類を受け取って、会社に返 …

いくつであっても新入社員という意識を持つ

いくつであっても新入社員という意識を持つ  40歳の中途採用の場合、配属とともに …