必見!40歳からの転職スタイルまとめ

*

履歴書・職務経歴書について

      2014/10/10

40歳からの応募書類とは

 転職ということは、採用担当者は当然の事ながら即戦力として考えますので、履歴書と職務経歴書は重視します。それは、書類選考を通過させるか否かの第一段階だからです。履歴書は一般常識的に書けていれば通常は問題ありません。しかし、40歳まで転職をしたことがない方は履歴書でも些細なミスをしているケースがままあります。採用担当者にもよりますが職務経歴書をみないで即、却下する場合もあります。

40歳からの転職で職種・業種について

 全く違う職種・業種に就くという事は余程の事情がない限りありえません。何回か転職を繰り返している方は、当然ながら、その傾向を見られますし重要視もされます。転職の経歴がある方は、企業の大小にかかわらず、一貫して同じ職種・業種などについているのが通常です。また、仕事の取り扱う内容などが年数を経るごとに、確実に重要な役割をなしていることもポイントです。また、どれだけの業績を上げたかは一番アピールできる部分ですので着目します。しかし、あまりにも良いことが並んでいますと、少々、不審感を抱くのも事実です。このあたりは、応募者数によっては書類選考の判断基準にする場合もあります。

同業界での転職

 転職で、しかも同じ職種で応募してきた場合は、業界では名前を聞いたことがある方がいることも少なくはありません。既に退職が決まっている又は退職している方が応募してくるとはいえ、採用担当者としては慎重になります。前職を退職してかなり経過していれば話は別ですが、あまりにも短期間ですと、以前に勤めている企業との関係を逆に疑われてしまうからです。特に企業規模や業績などが絡んできますと、同じ業界としては仕事がやりにくいのも事実です。また、業務縮小などで退職対象になった方は、やはり良いイメージは持たれません。

  職歴としては、即戦力にはなりそうだが労働条件を大幅に落としてくる方にも、多少疑問があります。とりあえず、何処でもよいから転職したい、給与は下がっても楽な仕事に就きたいなどと色々と考えてしまいます。採用担当者としては完璧な書類も疑問を持ちますが、明らかに労働条件をおとしてきているなと見られる書類も同様に考えます。

 - 採用担当者の視点から

  関連記事

no image
面接で何を見るのか?

面接で最も重要なポイント  まず協調性があるか、新しい環境への適応性があるかが挙 …

no image
40歳からという年齢について

転職目的、理由について  年齢を問わず転職についての目的、理由について聞くのは当 …