必見!40歳からの転職スタイルまとめ

*

面接までの準備と成就な自己アピールの方法とは?

      2014/11/05

面接までの準備 

 就職難が続く中、40歳からの転職は簡単なものではありません。厳しい書類選考をくぐり抜いて面接まで辿り着いたのに、準備不足で失敗したということがないように、しっかりと準備して臨みましょう。面接までに準備しておきたいことには、次のようなことがあげられます。

・面接でのマナー、心構え
・好印象を与える表情をつくる
・応募先の企業で働く自分を想像する

 面接では、社会人として恥ずかしくないマナーを身につけておかなければなりません。面接の場に不潔な格好、面接にふさわしくない服装で行くのはマナー違反です。スーツはきちんとアイロンをかけておき、髪の毛が伸びていたら散髪して清潔な印象を与えられるようにしておきましょう。

 また、表情で大きく印象も変わってきます。普段から黙っていると怖く見られたり暗く見られたりする人は、鏡を見ながら自然なやわらかい笑顔ができるように気をつけておきましょう。「とりあえず面接を受けてみよう」という軽い気持ちではなく、この会社で自分がどんなふうに働いているかを想像してみましょう。そうすると採用担当者にも熱意が伝わるアピールができるはずです。

上手な自己PR方法

 自己PRは、マニュアル通りだと採用担当者に熱意が伝わりません。あなた自信のこれまでに経験したことや、またその経験をどのようにこの会社で活かすことができるか、あなた自信の言葉で伝えなくてはなりません。どんな実績を残したかも大切なことですが、そこに至るまでのプロセスを説明するのを忘れてはいけません。ただし、長々と語ることは厳禁です。どう考え、どんな工夫をしたかを2~3分にまとめたエピソードがベストです。

 また、緊張しすぎると言葉もスラスラとでてきません。とはいえ、緊張するなと言っても、してしまうのはどうしようもありませんね。緊張していても考えていた言葉をきちんと伝えられるように、何度も練習しておきましょう。

 面接で他の求職者と差をつけるためには、この会社で自分がどのように貢献できるかを考え、採用担当者にあなたが活躍している姿が想像できるように具体的にアピールすることです。採用担当者に想像してもらうことができれば、かなり有利になると考えて良いでしょう。

 - 面接で大切なこと

  関連記事

af0100037998l[1]
面接担当者が見ているところとは?

面接担当者はココを見ている   面接は、入室した瞬間から始まっています。ドアをき …

af0100025050l
面接で気を付けなければいけないこと

面接当日に気を付けること  面接の下準備を入念に行ったので一安心、と気を抜いては …