必見!40歳からの転職スタイルまとめ

*

40歳からという年齢について

      2014/10/10

転職目的、理由について

 年齢を問わず転職についての目的、理由について聞くのは当然のことです。しかし、40歳以上ともなると採用担当者も、色々な視点から検討します。特に転職回数が多い場合は、余程の事情がない限り仕事が長続きしないと判断されても仕方がありません。仮に書類選考は通っても、採用まで至るかどうかとなりますと、その可能性は極めて低いです。

企業には採用の自由があるということ

 書類選考を中々通過しない方、若しくは面接では必ず落ちる方がいます。書類については、書き方の問題ですから、何回も落ちているのならネットや書籍などをみて一度、正しい書き方を勉強してみることから始める必要があります。

 また、明らかに自分に都合のよいことばかり書いていると見受けられる書類などは良い印象はもたれません。企業には「採用の自由」つまりは、好きな人材を選べる権利があるということはということは知っておく必要があります。

  面接で、不採用になる方ですが、40歳以上という年齢を考えますと、緊張は論外です。採用担当者は、面接の段階で健康管理をしっかりしているかなども、それとなく聞いています。また、本人の顔色、話し方にも注意をしています。40歳ともなると病気の一つや二つがあるのは当たり前です。これを隠しても、入社時の健康診断などで最終的に分かってしまいます。病気があったとしても、しっかりとコントロールできていれば問題はありません。むしろ、入社してから頻繁に病気休暇をとられる方が困ります。

転勤などに対応できるかどうか?

 大きな企業になれば、支店や出張所も多くなります。採用時点では、転勤なしの条件だったとしても、企業は常に動いていますので、転勤が突然発生してもおかしくはありません。その際に、転勤に応じられるか否かもポイントとなってきます。40歳でも単身なら問題ないかもしれませんが家族がいる場合は、直ぐにとはいかないはずです。こういう場合でも速やかに対応できるかが問われます。

 - 採用担当者の視点から

  関連記事

no image
履歴書・職務経歴書について

40歳からの応募書類とは  転職ということは、採用担当者は当然の事ながら即戦力と …

no image
面接で何を見るのか?

面接で最も重要なポイント  まず協調性があるか、新しい環境への適応性があるかが挙 …