必見!40歳からの転職スタイルまとめ

*

40歳からの転職は5つの手順をしっかりしよう

 転職の進め方ややり方、注意したいポイントなどは、年代によって異なります。40歳で転職を目指している人はどうでしょう。やはり20代や30代といった若い人とは違いますし、シニア層とも違う進め方、やり方、注意点が出てくるはずです。

効率を目指した転職準備

 気持ち的な自己分析よりも、職務経歴を入念にまとめる自己分析に集中した方がいいかもしれません。40歳は気持ち的にはまだ若いかもしれませんが、転職市場での価値はそこまで高くはない。なので、職歴で転職先を決めたり企業にアピールする方が効率的なのです。

どうして計画が必要なのか
まずはキャリアの棚卸しと自己分析を行う
転職のタイミングを見極める
今の会社を辞めないで転職活動をするのがオススメ!

40歳が取り組みたい求人情報探し

 これまでの経験を活かし、転職エージェントに適切な企業を紹介してもらったり、スカウトサービスで企業に興味を持ってもらう。こうした求人情報の集め方は、40歳の転職希望者にも有効です。プラス、自らも動き情報を集めないと、良い案件には辿り着かないかもしれません。
わかものハローワークのこと
転職エージェントとは
転職サイトのスカウト機能を活用しよう

応募書類で重視するポイントは?

 応募書類を作成する時にも、やはり職歴や経験を重視した方がいいでしょう。実績や能力を示せなければ、40歳で転職するのはキツい。抽象論になることなく、具体的実績や確かな能力によるアピールが不可欠です。
履歴書の書き方を知る
職務経歴書の書き方を抑える
履歴書と職務経歴書の書き方に悩んだら

面接で表現すべきは即戦力であること

 応募書類で人事担当者が感じた期待を裏切らないこと、「すぐに使えそうだ」と思ってもらえること。40歳が面接で伝えたい、相手に感じてもらいたいのはこれらです。将来の可能性を表現するのではなく、今、この瞬間にでも活躍できる人材であると表現しましょう。

面接マナーの注意点
面接でよく聞かれる質問
逆質問をどう使うのか
面接のお礼状は不必要なものだと思っていませんか?その認識は間違っています

退職するならゆとりを持って

 40歳はもしかしたら、最も退職しづらい年齢かもしれません。会社がそう簡単には許してくれない可能性が高い。転職先を決め、入社日などの都合を無理矢理会社に聞いてもらうのはちょっと失礼。その前から退職活動をはじめ、ゆとりを持って辞める努力をしましょう。
退社にまつわる手続き
入社前に確認したいチェックポイント
いくつであっても新入社員という意識を持つ
入社後に襲いかかるであろうあらゆる事に関する注意点

公開日:
最終更新日:2016/01/19